予算市会開催中

第1回定例市会で、代表質問しました。

インターネット中継です
http://www.kensakusystem.jp/kobeshikai/cgi-bin4/ResultFrame.exe?Code=er4aoiottgw2naeckt

1.2020ビジョンと行財政改革2020について
2.客船・クルーズの活性化について
3.空き家対策について
4.医療産業都市における抗がん剤の分野の推進について
5.生活困窮者自立支援について
6.水素スマートシティ神戸構想について


(代表)質問原稿ファイルを見る

予算特別委員会では、企画調整局に質問しました。

1.医療産業都市における産業としての連携について
・がん免疫治療薬について
・次世代抗体医薬品について(バイオシミラー)
・介護リハビリロボットについて
・神戸アイセンターについて
2.歴史的資料等の収集・保存について
3.KOBEぽっぷカルチャー・フェスティバルについて

(企画調整局)質問原稿ファイルを見る

理研の維持拡充のための要請活動

 神戸市会では、6月議会が終了し、新しい議長、副議長ほか、常任委員会のメンバーなども更新され、新しくスタートしています。川原田弘子は、総務財政委員会の委員、未来都市創造に関する特別委員会の委員、そして、市の監査委員になりました。皆さん、よろしくお願いします。
 今回は、議会が終わって、早々に、文部科学省に、理研「発生・再生科学総合研究センター(CDB)」の維持拡充に関する要請文書を、市会4会派で提出し、要請を行いました。
 理研CDBに関しては、今、いろいろと取り上げられていますが、何といっても神戸医療産業都市の中核施設です。ガバナンスの強化と、共に、再生医療分野の実用化研究に関しては、今後も力を入れて維持向上願いたいという要請を文部科学省に対して行いました。実際の提出には、代表して、自民党会派にお願いしていますが、やはり、民主党としても、行うべきと考えて、会派の3役で、行ってきました。
 先日、市民の方から、医療産業都市について質問を受けましたので、ここに報告しておきます。


陳情の文書
 

神戸市会のインターネット中継

インターネット中継の録画放送が個人別でみることができるようになりました。
今回、川原田弘子は、危機管理室と消防局、総括質疑を担当しています。
3月1日、危機管理室の質疑がありましたので、見る手順を作成しました。
インターネット中継・録画放送視聴方法

インターネット中継

議会改革の一環として、今回の定例市会から、委員会等がインターネット中継されます。本日、早速、委員会の中継が行われています。(残念ながら、別の仕事をしていて見損なってしまった。。)
明日は、都市防災委員会が開催される予定です。私は今回、委員長になりましたので、(会派間の人の移動などによって、委員会の移動や、役員人事の改選が行われています。)ドジなことしないか、ちょっと心配です。
決算特別委員会が来週開かれますが、今回、第一分科会に所属して、企画調整局、市民参画推進局の質問を担当します。決算特別委員会も中継があると思います。

3期目のバッジとトルコキキョウ

 昨日、3個目となるバッジを授与していただき、3期目の議員活動がスタートしました。新人の議員さん方が早くから並ばれて、少し緊張した感じでした。ぞのあと全体議員総会が議場で開かれ、全員自己紹介(名前だけですが)をしました。たくさん、新人も入って、3期目の議会が期待されています。
 市役所のホールには、時々、市内産のお花が紹介を兼ねて飾られています。今回は、西区伊川谷産のトルコキキョウがたくさん展示されていました。西区や北区ではお花の栽培も盛んなんですよ。皆さん、知ってました?
今期もどうぞよろしくお願いいたします。
%E3%81%B2%E3%82%8D%E3%81%93%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%B8%EF%BC%83%EF%BC%91%EF%BD%93.jpg
%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%82%AD%E3%82%AD%E3%83%A7%E3%82%A6%EF%BC%83%EF%BC%91%EF%BD%93.jpg
%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%82%AD%E3%82%AD%E3%83%A7%E3%82%A6%EF%BC%832%EF%BD%93.jpg
 %E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%82%AD%E3%82%AD%E3%83%A7%E3%82%A6%EF%BC%833%EF%BD%93.jpg

予算特別委員会(都市計画総局)

予算特別委員会での都市計画総局への質問のやりとりを掲載します。
(質問は原稿、回答は議事メモです。)

(質問項目)
1.JR和田岬線の廃線検討について
2.「光の都」神戸のまちづくりについて
3.建築確認など、今後の建築行政の技術者の育成について
4.歴史的建築物の保存活用について
5.垂水地区におけるまちづくりについて
6.「平清盛」「三国志」と新長田について
7.ニュータウンのまちづくりについて
8.低炭素都市づくりの推進について

質問原稿を開く
回答メモを開く

予算特別委員会(交通局質問)

本日、第1回定例市会の予算特別委員会が終了しました。私は、第3分科会の委員として、交通局と都市計画総局に関する質問を担当しました。
 少し、見にくいですが、取り急ぎ質問用に作成した原稿のメモと、当局からの回答(答弁)を、少し縮めて掲載します。(ポンチ絵的なものや写真を見せながら質問しているのですが、一部だけ紹介します。時間があれば、整理して追加します。)

1.地下鉄の駅構内及び車内での快適性について
2.JR和田岬線の廃線検討と地下鉄海岸線について
3.敬老優待乗車証・鉄道ICカードの活用について
4.高速通院バスの運行についてpdfファイル
5.駅ホームでの点字ブロックのJIS化と交通バリアフリー基本計画について
6.「光の都」神戸 ロープウェイをつなぐ交通アクセスについて
7.「清盛1日きっぷ」の販売について
pdfファイル
9.電気バスの導入検討について

質問原稿を開く
回答メモを開く

代表質問(H21年度決算)をしました

現在、H21年度決算を審議する第3回定例市会が開会中です。先日、会派の代表質問を行いました。取り急ぎ質問原稿のみ掲載します。
市のホームページにて、動画を見ることもできます。質問原稿を開く
DSC_0036s.jpg


代表質問(議案外質問)をしました。

先週24日で、第2回の定例市会が終了し、最終日に会派を代表して議案外質問を行いました。「環境と経済が両立する社会を目指そう!」と、ずーっと言い続けてきましたが、今回、市長や副市長から、かなり前向きな回答をいただいたかな、と思います。ご答弁までは正確でないので掲載できませんが、取り急ぎ質問の原稿を添付しておきます。(読み上げながら適当に直していますので、記録としては正確ではありませんが。。)
 現在、会派で「光の都」神戸に取り組んでいます。市内もいろいろ回りました。「光の都」神戸の取り組みについては再質問しました。同じ公園の光でも、たとえば水銀灯からメタルハライドランプの付け替えを検討するなどできないですか。というものです。
メタルハライドランプは、対象がより自然に見えるそうです。女性のお肌もきれいに見える。というようなこと。新神戸ロープウェイなどの夜の営業については、明確な回答はもらえなかったように思います。土日は動いているようなので、今度、夜に乗って夜景を確かめてこようと思っています。

質問原稿を開く

%E6%9C%AC%E4%BC%9A%E8%AD%B0%EF%BC%90%EF%BC%96%EF%BC%92%EF%BC%94%EF%BC%83%EF%BC%91%EF%BD%93ss.jpg

仙台市・川崎市議会調査

先週、仙台市・川崎市に議会の運営の方法についての調査に行ってきました。政令市すべてについて、会派で手分けをして、議会事務局からのお話を主軸に、時間をたっぷり取って質問をし、議会の運営について調査を行っています。ここに報告をするには、まず神戸の市議会でどういう方式をとっているのかを詳しく説明しないといけなくなりますので、特徴的なものだけ。たとえば、仙台では、質問と答弁の時間の割合が5:5になるよう目指していて、実際にその割合になっているようです。それで、聞いてみると、仙台では質問と答弁のトータル時間の制限ではなく、質問時間のみに制限時間が設けられているとのこと。当然、答弁の時間は短くなりますよね!!よく「答弁の時間が長い!!」ということが言われていますが、こういう方式にすれば短くなるでしょうね。ただし、説明の時間も短くなってしまうので、だめなら「だめ。できません。」だけになってしまう可能性はありますね。また、神戸では、「一般質問」というものがなく、すべて代表質問の方式ですが、仙台も川崎も一般質問という項目があって、議員個人の市長部局への質問の機会が多いようです。予算・決算以外でも一般質問の機会があり、特に川崎では、一般質問の比率が高かったように思いました。(あとで、全部整理してみないとわかりませんが)一般質問の機会が多いと、どうしてもローカルなことになりませんか?と聞いたところ、かなり細かい内容の質問も多くなるようでした。一長一短な点はありますが、いろいろ聞いてきた内容をこれから持ち寄って会派で検討していく予定です。

決算特別委員会です

先週末から、市議会で、決算特別委員会が開催されています。局別の質疑が昨日で終了、連休明けに総括質疑に入ります。私、川原田は、「行財政局」「教育委員会」「危機管理室」の三つの局を、会派代表として担当し、質疑を行いました。委員会を傍聴に来られる方は少ないと思いますから、なかなか雰囲気は伝えられませんが、質問した後に、当局のながあい答弁があります。議事録に残すときに、ちゃんと説明しないといけない、というのもわかりますが。
 行財政局では、「市長が行革(行財政改革)で成果を上げているのに、市民はほとんど知らない。5000億円以上の市債の削減とか、3000人の人員削減です。これらによって、新しい地方の財政指標である財政健全化の指標も楽にクリアされています。広報ができているかどうか、どうやって判断しているのですか?」というようなことを質問しました。ほかに、市債をもっと市民向けに売り出すキャンペーンをやってはどうかという質問をしましたが、「市民向けの市債で耐震改修した小学校で市民債の説明会を行う予定」ということでした。ちょうど、昨日、記者発表されています。小金持ちの方(笑)は、どうですか?神戸の市債のランクは、「AA」です。(ただし、説明会の募集人数は40人で、抽選ということです。)
 事業をまじめにやっていても、市民にうまく伝わっていないと評価も低くなります。広報、もっとがんばってほしいなあ。。。
%E8%B2%A1%E5%8B%99%EF%BC%83%EF%BC%91%EF%BD%93.jpg

市会が終わりました

今月は、市会が始まり、既に終了しています。(報告がなくてすみません!!)今回の市会は、主に人事を決めることが重要な案件なのですが、他にもいろいろとあって、私は、今回、市営住宅の家賃改正についての代表質問を担当しました。久しぶりの本会議での質問となりましたが、再質問用の席からの質問は初めてだったので、なんと、隣に座っている1期生議員の井手さんに「これって立って質問するんやんねえ??」と聞いてしまいました。(笑)ちょっと、恥ずかしい?井手さん、顔を引きつらせながら、「う、う、うん。うん」と教えてくれました。質問の内容は、短いですが、市会ニュースにまとめていますので、ご参考まで。(校正中ですので、一部変更になるかもわかりません)
ファイルをダウンロード


今日は、福祉環境委員会が開催されました。本日、委員長として、初めて議事を進行しなければならなかったのですが、結構、大変ですね。これから、ドジをしなければいいんだけど、、、。。。(私の周りの友達は、誰も私のことをしっかりしていると思っていませんが、市役所に行くと、しっかりした人となんとなく誤解している方も多い気がします。)
福祉環境委員会はこれで3度目となりますが、福祉については幅も広いし奥も深いので、制度を理解していくだけでも大変です。環境については、今後、あらゆる分野に、特に経済や産業には直接関わってくるとも思われるし、また、その分、超日進月歩な分野でもあります。大変なこの二つの局の事業を審議する委員会ですが、大変な反面、やりがいも大きいと期待して、がんばっていきたいと思います。
DSC_0027.JPG

予算議会が終了しました

先月末で予算議会が終了しました。予算案は、附帯決議付きという形で、承認されています。この附帯決議は、敬老パスに関するものです。市長提案の「バスは一律¥100、地下鉄小児料金、低所得者(¥120万円以下)には年150回のバス乗車相当分の無料券、定期券を半額料金で購入できる」について、「バス、地下鉄の負担を半分にする激変緩和措置をとること」という附帯決議でした。これについては、市長から民間バスと交渉しますという決意表明のようなものが市長挨拶に盛り込まれましたが、最終的な結論はまだ出ていません。経緯を今度の市会ニュースにまとめてみましたので、参照してください。
ファイルをダウンロード

 議会が終わった翌日に、早速この次の活動に向けた視察に行ってきました。住民ニーズを政策に反映していくための手段のひとつで、政策マーケティング調査というものがあり、この手法を導入している春日井市、東海市、そして、そうした調査のサポートを行っているNPOの方にお話を伺いました。行政が考える政策が、住民のニーズに沿ったものかどうか、また、住民の求めている「結果」をいかに実現できているかを検証していったり、隠れたニーズを拾い上げたりする手法です。相当な住民の協力がいるので、すぐにどうこうというと課題も多いかと思いますが、いろいろとお話を伺えて参考になりました。課題が多いからやらないのではなくて、何かひとつでも参考にすることができないか、また、試行できないか、考えていきたいと思っています。
例えば東海市では、まちづくりの委員会を市で公募した委員によって開いて、住民ニーズをまとめていっています。それを基に、行政側が施策として必要なものを加えて市政の総合計画が作成され、施策や事業に展開され、また、評価が実行されます。市長がその方式をかなり重要視して推進しようとしているので、定着していっているようです。事業評価には指標が定められ、指標が上がった施策を担当している人に報酬が出るというもののようで、職員の意識が変わったことが大きいということでした。春日井市の方は、東海市まではいかないですが、地区懇談会を行ったり住民アンケートをとったりして、住民からのニーズの強い生活課題を拾い上げ、これに、行政が将来や施策として必要と考える行政課題的なものを加えて総合計画として作成しています。
 市民フォーラム21では、具体的な手法やこれまでに手がけられてきた実績などについてお話を伺ってきました。「ロジックモデル」と呼ばれる系統図のようなものを作っていって、住民のニーズ、実現してもらいたい最終目標や目指すべき姿に対して、個々の施策はどうつながっていっているか、どの程度実現できているか、などが論理的に検証できるようなやり方です。

ロジックモデルツリー例
ファイルを見る
中間で評価すると、保育所の数が増えたかどうかになりますが、最終の評価として、仕事と家庭の両立を可能にする条件が整っているかどうかを判定することで、評価を行ったりします。保育所の数が増えたのに、条件が整っていると感じる人が少なければ、もっとほかの施策も必要なのではないか、というように展開していきます。左側に近い、施策側からでも、右側の最後の姿からでもどちらからでも始める事ができます。にわか勉強のため、ここら辺でやめときます。(^o^;)

神戸市でも神戸市でも2010ビジョンなどで検証が行われていて、行政評価の仕組みは持っています。たとえば、市が、途中の検証を行って、評価のCであった「住まいの耐震化」と「ごみの減量」に対し今年は予算を多くとって、対処していたりと、検証しながらやっているんだなと、評価できると思います。その評価の視点がちょっと違っているという感じでしょうか。。これとは別に、事務事業評価の一環で数年前、神戸市でも「事務事業の外部評価」を数年前から行っています。これは、学者の先生方数名の評価にすべてを委ねることになってしまうので、こうした手法で、評価を行っていくことはひとつのアイデアかと思いました。住民も行政も大変ですが。。。

ただいま、議会開催中

先日、21日から、定例市会が始まっています。今度の定例市会では、予算審議が行われています。先月末に、代表質問を終了し、局別審査の予算特別委員会に入っています。私は今回、建設局の質問(3月5日)を担当します。王子動物園の質問をしようと思っているので、早速久しぶりに王子動物園に行ってきました。平日の動物園っていいですね。高齢の象の諏訪子(私より年上)が、かぼちゃを丸呑みするところを、居合わせた幼稚園の子たちと一緒になって、すごいなあ、すごいなあ、と見学しました。小象のオウジも少しだけお目見え(時間が決まっている)してくれました。
個人的な問題なんだけど、先週くらいから、花粉症なのか、アレルギーが出て大変です。昨日は最悪で、目が真っ赤になってコンタクトを入れていられなくなり、くしゃみが止まらず、更に突然声も出なくなりました。声は夕方には復活しましたが、早くえらい先生に研究して解明してもらいたいものだと思います。(泣)ところで、皆さん、先週の月曜日に、民主党会派の新聞折込ニュースが入っていたのですが、お気づきでしょうか?神戸、毎日、読売、サンケイに入っていたはずです。読まれた方は、また、メールでも感想をお聞かせくださいね。

外郭団体に関する特別委員会

タイトルの名前の委員会が、毎週、開かれています。神戸市の外郭団体の事業内容や予算・決算を審議するものですが、1年に1回しか開かれないため、28の団体を夏に集中して審議します。会計検査や経営の状況については、別途、会計士の先生や経済の専門家の先生の審査があって、この委員会は市民の意見を代表して審議するものです。朝10時に始まって夕方までかかって1日分の5団体くらいを審議します。
例えば、よく知られている施設でいうと、(財)神戸市公園緑化協会では王子動物園の運営管理を、(株)神戸ワインでは、フルーツフラワーパークの運営管理を行っています。(神戸ワインそのものは、みのりの公社なんです。ややこしい。)フルーツフラワーパークは、3年前に外郭の委員会に出たときに比べると、スカイマークで活躍するモンキーショーなど、かなりがんばっているようではありますが、18年度のお客さんは若干減少しています。経営を厳しくしている要因に、管理委託する予定だったレストランの会社が直前でキャンセルされ、急遽経営を続けるために、大幅なコスト高で運営しなければならなかったことが説明されていました。各委員からは厳しい意見が出ていました。
レジャー施設として市民に位置づけられがちですが、フルーツフラワーパークは、そもそも農業振興の意義を持って創られたもの。今、食の安全が叫ばれていて、また、食料自給率も問題となっています。農業を本当に見直して、強い産業にしていくためにも、この施設の存在意義は本当は大きい。市民が楽しめてなおかつ農業振興に一役買える施設にするためには、更なる経営改善が必要となります。団体旅行の帰り道には最適(ゆったりしていて、違う神戸に出会える。中心部とは違うおみやげも買える、など)だと思うんだけどなあ。。
委員会とは関係ありませんが、先日、新長田で開催された「三国志祭り」の写真を添付しておきます。子供たちが三国志のみこしをかつぎ、兵庫商業の生徒さんたちが暑い中を演技してくれました。コスプレのお姉さんも発見。暑い中、ご苦労様でした。

u070812_d.jpg

u070812_e.jpg

u070812_f.jpg


二期目に就任です

昨日、市役所にて二期目の議員バッジをいただいてきました。よく物を落とす(財布・定期でこれまで7,8回くらい警察やタクシー会社に行きました。もっと多かったかな?。。)私ですが、何とか4年間バッジを落とさずにこれましたので、2個目になりました。いろんな人のいろんな思いが詰まったものですから、大切にして、これから二期目をがんばっていこうと思っています。みなさん、どうぞよろしく?

u070612_a.jpg

本会議開催中

今日は、本会議代表質問1日目。市内有料道路の一部が無料化(H20年から)になることなど、トピックもありましたが、また、明日の新聞をチェックしてください。活動報告を更新しています。
<追記>新聞記事を添付します。(神戸新聞引用)


ただ今市会開催中です

現在、市会が開催中ですが、代表質問のほか、決算特別委員会の局別審査で水道、病院と担当し、忙しくしております。特別委員会は、バスや地下鉄、水道・下水道、病院、港湾、新都市といった、公営企業の昨年度の決算について審議をするものです。個人の生活ではあまり感じられないけど、景気はちょっとだけ良くなっているようで、例えばバスや地下鉄も、定期乗車が微増しているみたいですね。ただし、少子高齢化などで、全般的に厳しいことにはかわりないのですが。。また、市会が終わってからニュースにしてお届けします。
人工ラグーンは、新聞等でも広報されているとおり、一般開放されています。(暫定的のようですが。)大きい台風が近づいてますね。一昨年は大変だったから、早くちっちゃくなってほしいなあ。

 

建設水道委員会

昨日、委員として最後の建設水道委員会に出席しました。建設局から下水道の5カ年計画とも言える、「こうべアクアプラン2010」について報告がありました。下水道は規模も大きいので、5年というスパンで目標を決めて推進するのもかなり難しいものだと思います。その中で、5つの事業目標と経営目標が示されました。このうち、特徴的な施策を紹介します。

○下水処理場のネットワーク化を推進する。→中部処理場を廃止して、その分は下水管のネットワーク化によって垂水処理場で処理されるようになります。
○三宮南部の浸水対策のため、雨水幹線とポンプ場の整備を進めます。→3年前、2年前の台風のとき、えらい目にあいましたよね。今、京橋に緊急の対策としてのポンプ場を設置しているということで、これらを恒久設備に整備していきます。(1時間30mmの雨に対応できるとのこと)
○垂水処理場の拡張施設に高度処理を導入して海に流す水質を保全します。→以前の活動報告で下水の高度処理について説明していますのでご参照方。
○下水汚泥から取り出した自動車燃料用天然ガス(こうべバイオガス)の利用促進やコージェネシステムの導入を整備していきます。→バイオガスについてはこちらも活動報告ご参照。
○アクアサポーター・アクアパートナー、水環境フェア・アーモンド祭りなどの広報活動を通して市民の理解につとめます。→東灘のアーモンド祭りのようなものを垂水でもやってほしいですね。

また、経営目標として、今後5年間、使用料金の値上げを行わないことも明言されました。値上げせずに処理場の民間委託なども検討して累積赤字の半減を目指すということです。
下水汚泥からできる天然ガスは、循環型社会に向けての期待大の産物で、うまくいっていると聞いています。コージェネのシステム導入を進めて、垂水処理場では自前で電気を作れないか、など、検討していくということです。
下水管の光ファイバー敷設は、処理場間の制御用が主目的ということで、利用したいところがあれば、、という程度のようですね。


市会ニュースができました。

2006/04/10
2006年4月号のニュースができました。原稿をここに紹介させていただきます。(ただし簡易版)
2006年4月号News(簡易版)
税制改正がいろいろと行われ、特に、これから厳しくなってくる65歳以上の方の国保料について市の独自の施策などを解説しました。
国保の保険料は、添付の図の通り、年度で見込まれる医療費総額と
○国・県の補助
○市の繰り入れ
○保険料
○一部負担金(窓口で支払う1割?3割の負担金)
のバランスによります。
保険料は更に
○所得割(47%)
○均等割り(32%)
○平等割(21%)
で成り立っており、18年度は、この所得割保険料を収める人が増えることから、係数が少し小さくなって、ニュースにも掲載のとおり、65歳未満の方の保険料が若干下がる見込みです。


建設水道委員会

24日、建設水道委員会が開催されました。水道、建設共に、アスベスト関連の補正予算と、阪神高速の変更許可について、道路管理者である神戸市の同意に関する議案について審議されました。審議の結果は、25日の神戸新聞にまとめられていますので、参考のため添付します。(引用 神戸新聞2006年3月25日朝刊)一番、問題となるのは、料金が対距離を基本とする点です。これは、対距離制に移行するのは、不公平感をなくしたり、ネットワークを活かした料金設定を行ったりするのに必要ではあるので、料金設定の際には現行料金などに十分配慮を行うこと、などを附して同意することが承認されました。新聞記事でまとめてもらっていますから、補足説明をします。
先日、新聞に高速料金について報道があって、¥500が¥1300になる区間が出てきて驚きましたが、対距離料金の基本とする計算式
料金=距離(km)×¥31+¥290
によるものです。このまま当てはめると、すごい値上げになる区間が出てくるので、それはないだろうと、意見が相次ぎました。

Q:要望の中に「特定区間料金」の設定があるが、かつて設定されたことがあるのか。大阪が¥700で神戸が¥500だが。
A:要望しているが、できていない。大阪が¥700、神戸が¥500で不公平感が広がっている。対距離に移行すると西(神戸地区)で割高感がある。

Q:¥31、¥290、この数字の根拠は?
A:阪神高速の現在の1台あたりの平均距離が15.2km 平均料金が¥760 都市高速道路の1kmあたりのコストが¥31 逆算して¥290を出した。
委員会では、とっさに計算できなかった(アホやわあ、わたし)けど、こういうことでしょうか。。
¥760?¥31×15.2=¥288.8
Q:その数式を当てはめると大体が値上げになってしまいますが?安いところもある?
A:阪神高速全体で考えると、東(大阪圏)は西(神戸)に比べ交通量が3倍だが、料金設定が安い。全体で考えると西の料金は高めになる。
Q:新神戸トンネルを、阪神高速にネットワーク化する話はどうなっている?
A:国、公団、市で検討会を開いて協議を重ねてきた。270億円の持参金が必要ということが新聞でも報道されたが、今も協議を続けている。
Q:阪神高速2号線(長田の出口を2.2km延伸している工事)の工期は?工事はもっと早くできない?
A:H23.3.31まで工期延長。大変難しい工事となっており、どうしても時間がかかっている。

等々の議論の中、同意できないという反対意見や割高感を出さないよう、上限料金の設定を強く望むなどの要望意見が出て、要望を附して同意に承認することになりましたが、実際の料金設定については、少し先の議論となります。


予算特別委員会

明日で、予算特別委員会も終了します。(審議中の内容を報告することはできないのは残念ですが。)
昨日・今日と、ひろこ倶楽部だよりの原稿を書いていました。これから市会ニュースもあります。待っててください。活動報告に中学校の部活動のことを掲載しています。今晩は寒いですね。春はまだかな。

建設水道委員会

2月27日(月)、建設水道委員会が開催されました。建設局の議題は補正予算、指定管理者の指定など。布引ハーブ園は、「清里ハイランドパーク?」というところが指定管理者となって事業を運営することなどが、委員会として可決されました。この会社は、元々日本ケーブルという索道関係の専門の会社が清里ハイランドパークで事業を始めた、、という会社のようです。ロープウェイが専門のようですね。
水道では、長期水需要予測が大幅に見直され、90.3万立方m/日から68万立方m/日となったという報告がありました。人口減のほか、各家庭に節水の家電製品などが増えたことや企業の節水努力など使用量が減ってきていることが需要予測減少となったようです。食器洗い乾燥機が普及すると、水需要は減少するんですね。知らなかったー!!(こんなの知らないの私だけですか?水もたくさん使って贅沢なものとばかり思ってました。遅れてるんでしょうか、わたし?)この水需要予測というものを基に、水源の確保や渇水対策など、いろいろな水道事業の計画が立てられるので、非常に重要な数字です。神戸の水は阪神水道から買っているのが3/4ですが、自己水源として千苅水源を持っているのと、県営水道からも水を買っています。最近(去年?)、水不足になりかけた時、渇水にならずに済んだのがこうしてバックアップがあったからだとも聞いています。もっとそのことを広報すべきと思うんですが。。。渇水になったら新聞に載るけど、バックアップで乗り切ったらニュースにならないということでしょうか。。
明日、明後日と2日間、本会議で予算の各会派代表質問があります。

空港の市民見学会

空港の市民見学会についての問い合わせがありました。市民見学会の案内は、ホームページで「神戸空港をご利用の方へ」というボタンをクリックするとターミナル会社のページに行きますので、そちらに掲載されています。日時等は下記の通りです。

?市民見学会?
1.日時
 平成18年2月4日(土)、5日(日)、11日(土)の3日間 いずれも午前10時?午後5時(入場は午後4時30分まで)
2.入場
  事前申し込み不要。ただし、混雑状況により入場制限する場合があります。また、空港の保安管理上、立ち入れない場所があります。
3.その他
  駐車場はありますが、できるだけ新交通ポートライナー(2月2日に延伸部分開業)をご利用ください。ビル内店舗も臨時営業する予定です。

先週ひろこ倶楽部だより16を発行しました。掲載できなくて残念ですが、今回は、先日の議会での質疑などについて掲載していて、「華僑の物語を観光に活かそう」というちょっとした特集を入れています。2007年に神戸で華商大会が開催されることから、神戸に生きる華僑の物語にスポットを当てて観光キャンペーンをしようという提案です。今日、華僑歴史博物館(みなと元町駅から5分のところにあります)に立ち寄ったところ、春節祭のチラシとチャン・イーモウが監督で高倉健主演の中国を舞台にした映画「単騎、千里を走る」のチラシが置かれていたので紹介します。

 

1月号をお先にお届けします

あけましておめでとうございます。印刷物の1月号ですが、一足お先に原稿ファイルでお届けします。
民主党News2006年1月号
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

建設水道委員会

本日、委員会が開かれました。実は、ずっと決算特別委員会が開かれていまして、14日に意見表明・意見決定を終えたところです。今日の委員会は、施設のアスベスト関連の改修工事のための補正予算の審議がメインだったんですが、建設局所管の王子動物園と駐車場の対策工事の補正予算が承認されました。何億円というすごい金額ですが、これは優先すべき予算ですからね。
震災10年のイベントに行って気になっていた、ウィングスタジアムの芝のこと、音響のことを質問しました。芝は、青々として、すごくきれいだったんですが、もう問題なくなったのかどうか。それから、音響は、私の席からトークが聞こえにくく、コンサート会場とするのに大丈夫なのかどうか。の2点です。
まず、芝ですが、昨年2月に冬芝に入れ替えてから、昨年の9月前までは問題なかったのが、その後の試合で激しく傷んでからスタジアムの改修と芝の研究を重ねた結果、今年の夏前まで良好な状態で試合ができたそうです。傷んだ場合には、いつでも張替えができるよう、別に芝の苗を育ててもいます。冬芝(あとで聞くと北海道からもってきたそうです)なので、夏には少し弱く、今年の夏は試合を控えて、秋にかなりの面積を張り替えてもいるようですが、今年行われた全試合で「全面良」の判定ももらっているとか。かなりノウハウやデータも蓄積されているようなので、期待できるかもわかりませんね。
さて、音響の方ですが、場所によっては私と同様、言葉が聞きとりにくい席も実際あったようで、聞けば、局長の席もそうだったようです。全く問題なかった席も多かったようで、音楽関係者には評判は悪くなかったとか。大掛かりな設備(上からつるすとか)は、無理なので、とにかくそのときにスピーカをたくさん設置すれば問題ないそうです。2年前の本会議の議案外質問で、コンサートなどに利用をと提案したものですから、大変気になっておりました。今回は初めての試みですから、反省点を次に活かして海岸線の乗客増を目指してもらいたいですね。

冷ぇ?寒い?ですね?

今、議会が開催中です。先週、本会議での代表質問を終わりました。いっぱい聞きすぎて再質問の時間が無かった。。決算特別委員会では、医療産業関連と、環境局(今日、終わりました。)危機管理局・生活文化観光局(木曜日)の質問を予定しています。活動報告を更新しています。

施政方針です

先日、新着画面で紹介しました、「施政方針」のファイルを入手できましたので、こちらに添付します。
施政方針
文章が並びますが、追っていくと、読者のみなさんが個人的にも関連しそうなこと、関心を持っていることについて、ひとつは出ていると思いますので、目を通してみてください。

矢田市長2期目がスタート

昨日、全体議員総会が開催され、先日行われた神戸市長の選挙で2期目の当選を果たされた矢田市長からのご挨拶と、施政方針についての演説がありました。全部紹介すると4ページになってしまうのですが、かなり具体的に市民に響くことを言われていますので、少しだけご紹介します。
市民所得10%アップ、200社の企業誘致とベンチャー開業率21年度10%、22年に観光客3000万人、国際会議22年200件、年間100隻の客船寄港、19年度総合芸術祭の開催、神戸ゆかり美術館・神戸文学館の整備、各区1箇所の中高生の居場所づくり、ごみの減量22年度20%、小中学校の耐震化100%、住宅耐震化10年で90%、小規模特養の整備、コミュニティバス支援、22年度新中央市民病院開院、等々。厳しい財政状況の中にあって、これらを実現していくことは、大変なことと察せられますが、神戸の持っている良さを秘めたまま、新しい元気な神戸を創っていきたいと私個人思っておりますので、改めて一緒にがんばりたいと思える時間となりました。
ひとつ気になるのが、目標の中に「新たなプロジェクトチームを設置し、総合的な施策の推進により、授業が分かる子どもたちの比率を、小学校では90%以上、中学校では80%以上をめざす。」というのがあったこと。中学校では、めざして80%?ということなのでしょうか。新聞などで「授業がわかる子が減ってきている」というのをよく目にしますが、ここまでひどいのかなあ。神戸市だけの問題ではないと思いますが、実態を聞いて何かひとつでも取り組めればと痛感します。

奥平野浄水場視察

今日から、新しく建設水道委員会の審議が始まり、事業説明のあと、午後から東灘の下水処理場と奥平野浄水場の視察に行きました。東灘の処理場は以前に紹介していますので省略します。奥平野浄水場では、マイクロ波の無線(7.5GHzと12GHz)と有線の回線を使って、各配水池やトンネルなどの水量・水質や運転に必要な制御情報を収集して、1箇所で管理する中央監視制御システムで水道の管理が行われています。神戸は起伏が激しいので、中継点のポンプの数が非常に多いということですが、このポンプやバルブの動作を市内で一箇所で集中管理・制御しているのには驚きました。神戸の水の3/4は阪神水道の水ということを、前にここで紹介したと思いますが、その阪神水道の水は、六甲山の中のトンネルを通って、ここ垂水や西区まで運ばれています。その速さは人の歩く速度くらいだそうで、届くまでには10時間が必要。阪神水道に受水量の変更などを送信するには、10時間前から予測して行うそうです。普段、何気なく飲んでいるお水ですが、巨大な設備とかしこいシステムで運用されているんですね。

 

6月29日文教経済委員会

6月29日に開催された委員会について活動報告を更新しています。

第2回定例市会が始まりました。

みなさん、お久しぶりです。しばらく、入院等のため、お休みをさせてもらっていました。元気にはなったものの、いつから再開しようか、どうやって始めようかと悩んでいたところ、本日から市会が始まりましたので、この機会に更新させていただきます。ついでに、これからもう少し、私的な感想や市政に直接関係無いことなんかも書いていこうかと思っています。
今日の本会議では、議長・副議長が辞任し、新議長・副議長が選任されています。新議長には公明党の佐伯育三議員、新副議長には自民党の福浪睦夫議員が選挙によって選ばれました。民主党会派の田中健造前議長、ご苦労様でした。

ただいま議会開催中

今、市会では、予算特別委員会が開催されています。私は、「企画調整局」「人事委員会」「市民参画推進局」への質問を担当しました。いつも、議会中は、質問作成等に忙しく、ホームページの更新も怠り気味なので、実際の議会の風景も紹介してなかったですね。写真は、予算特別委員会での企画調整局への質問風景です。(ちゃんと働いています。)企画調整局は、医療産業都市構想を担当していて、私は再生医療や医療機器の開発などについて質問しています。本日の市民参画局への質問では、区役所の日曜開庁や、ホームページについて質問しています。今度は、何とかがんばって、質疑の内容をこのページで紹介させていただきますね。

 

保育料の値上げ案について

今、開催されている議会で、審議されている中に、公立保育所の保育料の値上げ案が含まれています。保育料は、国の基準で収入に応じて最高8万円と定められていますが、神戸市では、H15年度3月現在、保育料の最高額は6万円で、国基準との差額は、市の負担となっています。今回、これを3.7%引き上げる案が提出されています。じゃあ、いくら上がるの?とわかりにくいので、保育料の引き上げ案と、今年度の差についての値上げの幅を示す表を作成しましたのでご参照ください。少子高齢化の歯止めの意味でも、保育料の値上げには、正直反対したいところなのですが、市の負担を考慮すると、了承せざるを得ない事情があります。いろいろなものを平均したひとりあたりの保育にかかる費用は、¥92,015です。これを、保育料と、国や市の負担で運営しています。平均の保育料は¥17,979、国の負担¥20,535、市の負担¥53,501となっています。公立保育所には市から約50億円の一般会計の歳出があり、私立には約10億円。待機児童は、特に人口増加の激しい東灘区などでは急増していて、公立保育所を増設することは財政的には不可能となっており、市は、優良な民間の私立保育所を増やしていく方向で対処していこうとしております。東京都などでは、独自に、「認証保育所」という、新しい制度を導入しています。
以下に、認証保育所の説明を示します。
 ”認証保育所とは、大都市の多様化する保育ニーズに対応するために、平成13年度よりスタートした東京都独自の新しいスタイルの保育所です。認可保育所の設置基準を一部緩和する一方で0歳児保育や13時間開所を必須条件とし、利用者と保育所の直接契約など、利用者の利便を優先した制度です。利用の条件は「保育を必要とする人」であり、「正社員として就労している」という条件や審査等はありません。原則としてお子様をお持ちのどなたでも利用できます。”
とあります。現在神戸市では、保育の質等を考慮して、認証保育所の考え方は導入しないようです。優良な民間の保育所を増やす方向でニーズに対応していく方向のようです。今年度の予算案でも、財政難の中、児童館の増設も含まれており、地域で見ると、まだまだニーズに答えられていない面もあるかと思いますが、市もかなり保育や学童保育には力を注いでいるようです。ご意見、また、お困りのことなどありましたらメールください。


予算委員会は、今日が総括質問です。

本日、予算委員会では総括質問が行われます。今回の予算案では、保育料の値上げ案が盛り込まれておりますが、これについての状況を活動報告に掲載しています。

都市計画総局質問

都市計画総局への質問と回答を報告します。
新長田地区再開発について
こうべだれでもトイレタウン計画について
市営住宅の倍率について
グラフ(市営住宅募集倍率)
市内観光バスのターミナルについて
公共交通のない地区のまちづくりについて(塩屋地区)

 

建設局質問#5?#6

引き続き建設局への質問と答弁です。
河川整備は生物と共に
王子動物園ふれあい広場について
写真1・・・住吉川
写真2・・・住吉川にいたカモ(カワセミがいたのですが、豆粒のような写真しか撮れなかったので)
写真3・・・福田川
  

建設局質問#3?#4

引き続き建設局への質問と答弁です。
アジュール舞子のオープンはいつ?
国道2号の渋滞解消に現実的な対策を
アジュール舞子の答弁につきましては、12月3日付の神戸新聞に答弁の記事が掲載されましたのでそちらを引用いたします。


建設局質問#1?#2

決算特別委員会での建設局への質問及び答弁を報告いたします。
市中公園のマツクイムシ対策について
放置自転車対策は置くなより置き場所の確保を

写真1・・・マツノマダラカミキリ(ザイセンチュウの運びや)
写真2・・・マツノザイセンチュウ(体長1mm以下。線虫の一種)
写真3・・・アカゲラ(カミキリの天敵、キツツキです)
  

決算特別委員会

が開催中です。私は、今回は特別委員として、明日の建設局、木曜日の都市計画総局の委員会において民主党会派の代表質問をいたします。本日は、産業振興局の決算委員会が1日開かれました。産業振興局の抱えるプロジェクトは医療産業都市からベンチャー支援、農業、漁業、市場、商店街、等々多岐に渡っておりますので、今日の結果を紹介していると明日の委員会質問に間に合わなくなります。ひとつだけ紹介しますと、神戸ワインの経営再生が新聞等でも取り上げられていますよね?神戸ワインは、100%神戸産のブドウで作られていること、意外と知られておりません。当初輸入ワインが高価であった頃に農業振興もあって企画された神戸ワインは、着実に人気を集めましたが、その後の輸入ワインの増加による価格の下落やいろいろな影響を受け、生産は増やしていったものの販売が伸びないという状況となり、現在110万本の在庫過剰となっています。ワインに精通した経営コンサルや、ソムリエ協会の方々に入っていただいて、検討委員会を立ち上げました。委員会の大きな3つの結論は、1.全量買取制度の見直し 2.在庫の掃き出し 3.販売経営に民間の力を というものでした。特に、1番目は、農業振興もあって全量買取でスタートしており、品目の変更等には3年?5年が必要となり、生産農家には大変な影響があります。本日の委員会では、痛みを承知で毎年約30万本ずつ生産量を減少させることなど、前向きな施策が説明されました。今後は、国産、それもこんなに近い地元のブドウを使用していること、「安全・安心」を売り物にしていきたいとのことです。神戸ワインに関するみなさんのご意見等おありでしたらメールくださいね。

10月9日代表質問と市の回答

10月9日の本会議における議案外質問(全文)と、市当局の回答(概要)を示します。1.環境とリサイクル2.ITの普及3.学童保育4.区役所の土曜日サービスの拡充5.ウィングスタジアムの有効活用6.医療産業都市構想と臓器移植

議員定数について

みなさまの声欄で、神戸市の議員定数の妥当性についてのご質問がありました。議員定数は、地方自治法第91条第2項で定められています。56名+50万人を越える40万人ごとに8名がMAXとなっていて、人口151.5万人の神戸市では、MAXが72名となっています。前年度の議会では、この定数MAXに対して議員定数削減の議論が行われました。結果、議員定数はそのままで、人口の減少した長田区で定員1名減、増加した西区で1名増とし、4年間で議会の経費約1.5億円を削減することに決定されました。他都市の状況なども踏まえ、民主党としては今後も議論を続けていく方向です。

第3回市会での議案外質問

只今、特別会計と呼ばれる、市の公営企業の会計結果を審議する市会が開催中です。そして、最終日には、各党の会派から代表で、議案外質問が行われますが、民主党を代表して、私が質問をすることになっております。(10月9日)今のところ、数点を考えておりますが、この機会にぜひというご意見等ありましたらメールください。(議案外ですので、地下鉄・バス・港湾・病院・水道以外となります。)

月別アーカイブ