« 2010年04月 | 活動報告トップへ | 2010年06月 »

民主党の林業による成長政策

続いて、兵庫5区(但馬や丹波の兵庫県北部の広?い地域です。)の衆議院議員、梶原康弘さんによる講演がありました。講演のタイトルは「森林・林業再生プラン?林業は次代の成長産業だ?」。昨年の今ごろ、民主党県連の農業委員会で、宍粟の山に視察に行きましたので、梶原さんの説明が、すんなりと耳に入りました。講演後の質疑で「具体策が見えないが?」という質問がありましたが、多分、具体策は、昨年見学した効率よく木を切っていくプロセッサーの導入やそうした機材を入れるための林道の確保、木を切り出した後の集積場や加工場の整備、木材の流通・販売ルートの確保、それを促す法整備などかな、と想像しました。

梶原さんのお話に戻ります。

・民主党は2000年に緑のダム構想を打ち上げた。国内には2600のダムがあり、その保水力は202億トン。森林は2500万m2あり、その保水力は1900億トン。森林を整備することで保水力を高める。
・昨年暮れの、民主党の新成長戦略の一つに林業再生が挙げられた。
・これまで、日本の森林政策は、スーパー林道の整備(これまでに2500km)や森林組合の助成などに重点が置かれ、年々林業が産業として低下していく一方となった。輸入木材の関税がなくなると拍車がかかった。
・日本の森林面積は世界第2位。(2512万ha)ちなみに1位はフィンランド。
・森林の蓄積量は45億m3で、ドイツ・フィンランドより多く、その成長量は、年間1億m3という数字。
・間伐を必要とする壮齢林は、全面積の80%にあたる。(戦後、一斉に伐採を行った後、一斉に植林をした木々が成長し、80%の面積は間伐が必要。)
・国内の年間木材消費量は7800万m3で世界第3位となっているが、その内訳は、国産材1800万m3、輸入材6000万m3となっている。
・世界2位の広さの面積の森林の80%が間伐によって利用できうる木材となること、また、消費の面からも、国内だけでも十分市場があること、から、林業を成長産業と位置づけ、ドイツなどに比べ遅れている路網整備や木材の伐採の生産性向上などを図ることで、地域の雇用の拡大や産業の発展、森林の保水力の向上、CO2削減など、様々なメリットを生み出すことができる。

皆さん、時間がおありでしたら、活動報告の2009年5月14日を読んでみてください。民主党の成長戦略が絵空事ではないことがわかっていただけると思います。
先日、提出(可決も?)された「公共建築物における木材の利用の促進に関する法律案」などが、こうした成長戦略を実際に進めていくためのものになります。これより、次年度予算の中で上記の政策を実行に移していく具体策が盛り込まれる予定ということです。
こういうことをもっとわかりやすく、もっと広く市民にPRしていくべきですよね。せっかく悲願の政権交代して、これからこうした成長戦略を具体の政治に展開していく時。党に所属する地方議員ですが、そういう情報が待っていても降りてこないところがあるので、自分から進んで取りにいって、広報していきたいと思います。

台湾のお話

昨日、兵庫民社の研修会で、お二人の方のお話がありました。両方とも、興味深いお話だったので、少し紹介します。
一人目は、「台北駐大阪經濟文化辨事處」(台湾と日本は国交がないので、領事館はありませんが、領事館のようなところです。)の所長の黄諸候さん。台湾大学ご出身ということで、台湾の東大卒みたいな感じでしょうか。
中台関係、日台関係のお話に入る前に、台湾の人々が日本に対してどういう認識を持っているかを理解するために、その元となっている歴史について、統治時代にたくさんの日本人が心血注いでダムや鉄道などのインフラを作り、台湾の近代化に資してきたことなどを例をあげて紹介されました。統治時代に台湾に渡った日本人は、いろいろな面でレベルが高かったということをよく耳にしますが、黄所長のお話を聞いて、納得できる気がしました。台湾では、最も親近感を持つ国に、3年連続して日本が選ばれているということです。これは、ドラマの影響もあるんじゃないかと思いますが。
後半は、台湾をめぐる中国、日本、そして、アメリカが絡んでの情勢について、戦後から最近までの動向のお話でした。一時、独立気運が高まった時、中国との関係が最悪になり、その後、馬英九政権による対中政策の路線変更に伴い、緊張が緩んでいる。今後も台湾は、中国とは、経済レベルの交流を活発にして、今の状態を保っていく、というようなお話でした。馬英九の国民党政権は、中国とは近づきつつも、距離を保ち、国内の独立派の感情を害さない、という外交をやっている、というようなお話でした。中国と台湾だけの問題ではなく、アジア全体に絡んでくる問題なので、常に関心を持って動向を見ていく必要が私たちにもあると思います。
後半のお話は、新聞等で大体知っていた内容でしたが、前半のお話は初めて聞くエピソードが多かったです。いただいた観光パンフレットの中に、台湾に住み旅行者で働く日本人女性のコラムがあります。台南のダム建設に寄与した八田興一さんの銅像に触れ、「日本では紹介されることもない戦前の一技師である八田興一氏のことを知られると皆さんとても感動されますよ。」また、行かないといけないなあ、台湾。

月別アーカイブ