« 2004年08月 | 活動報告トップへ | 2004年10月 »

自動車オークション会場

昨日は、中央区小野浜町にある、大規模中古車オークション会場HAAも視察しました。オークションが土曜日のみということで、オークション風景は見ることができなったのですが、その規模のすごさには驚かされました。少しご紹介します。

○オークションは土曜日ですが、それまで、毎日、車を売りたい人(メンバー登録した方のみです)が、次々と車を持ち込み、これをスタッフ(車の目利きのできるプロ集団だそうです)が手早く検査、写真撮影してオークションのデータベースに入れられます。

○これまでの8ヶ月の平均で、毎週取引される車は7500台ほど。そのうち6割が取引成立されるということです。

○オークションは朝9時から夜9時までぶっ通し行われ、この間平均して1時間あたり600数台の車のオークションが行われるということです。買いたい人(これもメンバーのみ)は、朝きて、場内をカートで移動、目当ての車をじっくり見て、買値を決めてからオークションに臨みます。

くるまやさんにならないとオークションに参加できないのが残念!!


須磨ベルトコンベア

昨日、会派の視察でもうすぐ閉鎖となる須磨のベルトコンベアを視察してきました。このベルトコンベア、みなさん、ご存知ですか?須磨・垂水地区にお住まいの方には割りと知られていますが、それ以外の方は、ご存じない方も多いかと思います。
神戸の海岸部は、たくさんの埋立地で成り立っていますが、神戸市では、高倉山や鶴甲、横尾・名谷といった山間部を造成した土砂を埋立造成に用い、山間部・海岸部両方の造成地を宅地やいろいろな用途の土地として開発・分譲等行う事業を行ってきています。須磨のベルトコンベアは、その土砂の運搬用に造られたもので、一番山側の複合産業団地から、トンネルでつながっています。土砂の搬出量は1時間に1万トンと、とにかくすごいスケールの施設ですが、もうすぐその役目を終わろうとしており、残される施設の利用方法が、今、議論されています。

  

会派での視察

一昨日の台風はすごかったですね。みなさん、けがやおうちは大丈夫でしたか?私はその日、会派の勉強会が5時まで開かれ、「車で来たから帰れるだろう」と、市役所を5時過ぎに出たものの、元町まで1時間、長田まで1時間40分、長田からは新しい阪神高速に乗れましたが、垂水に戻るまで2時間半かかりました!!教訓?台風のときは思い切って予定を早く切り上げておうちに帰りましょう。
昨日は、会派で視察にいきました。活動報告に掲載しています。

月別アーカイブ