« 2007年02月 | 活動報告トップへ | 2007年04月 »

民主党神戸市政女性ネットワーク

皆さん、タイトルにある、「民主党神戸市政女性ネットワーク」ご存知ですか?民主党の神戸市会の女性候補4人で結成したネットワークです。もちろん、川原田も入ります。今日は、民主党広報車に4人で乗り込んで、ネットワークの立ち上げを行ったこと、北区?中央区?兵庫区?垂水区と広報して周ってきました。しんどかったけど、とっても充実!!メンバーの紹介をしておきます。

北区(藤原ともこ)・・・私と同じ、関学文学部の出身で、文学博士でもあります。私の大好きな作家のひとり、谷崎潤一郎の研究をやってきています。そこだけ聞くと、堅そうな人を想像しますが、素直でかわいく、周りに気を遣える人。ちょっとほけえ?っとしてるところもあるかな?(笑)はは。でもそれも愛嬌。めちゃくちゃぼけっとしている川原田に言われたくないと思うし。震災のボランティアも熱心にやってきた人でもあります。最後に垂水で私の紹介をしてくれましたが、私の思っていることをきちんと短く表現してくれて、さすが、文学者だなあと、感心しました。

中央区(平木ひろみ)・・・阪大法学部卒で、企業では同時通訳の経験もお持ちの才媛。一家の主婦でもあり、3人の子供さんのお母さんでもあります。子供時代にお父さんから1日10分でもいいから生の英語を聞く時間を持つように言われて(お父さんは英会話の先生から子供にそうするように言われたとか)毎日英語のラジオを聞いていたら、英語に耳が慣れて、別に留学したわけでもないのに、ヒヤリングができるようになったとか。今、あまりに早くから英語をやると日本語の教育に良くないという意見もありますが、平木さんを見てるとそんなこと全然ないなあと思ってしまいますね。とってもしっかりしていて思わず人任せなところのある私は、頼りたくなるタイプの人です。アマチュア通訳のボランティアの会長さんとしても熱心に活動されています。

兵庫区(大寺まりこ)・・・甲南大経済学部卒で、その後、神戸商大の経営の修士号を取得。「がんばろう神戸」のリーダー的存在として活動をしてきて、その才能やリーダーシップを買われて神戸市の嘱託職員としてまちづくりなどに取り組んできました。とっても明るく前向きな人で、一緒にいると元気がもらえるような気がする。俳優の堀内正美さん(ただいま渡る世間は鬼ばかりに出演中)が彼女を協力にバックアップしてくださっています。彼女の持つネットワークはすごいなあと感じますね。がんばろう神戸は、バイタリティなくしてできません。彼女には見えないバイタリティを感じます。

それぞれの分野で活動してきたわけですから、その上に更に女性の目線、女性の完成がプラスされれば、きっときっと、違う何か暖かい風を神戸市政に吹き込めるものと思って、私、川原田弘子も垂水でがんばろうと思います。


%E5%A5%B3%E6%80%A7%E3%83%9D%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC.jpg

保健福祉局質問

3月1日の予算特別委員会において、保健福祉局に質問を行いました。少し省略して質疑の内容を紹介します。ファイルをダウンロード

月別アーカイブ