垂水区総合防災訓練

11月4日(日)西舞子小学校で、垂水区の総合防災訓練が行われました。
たくさんの関係機関が集合して、色々な訓練が行われました。
参加機関は、市のページにありましたので、下記に示します。

<<参加機関(順不同)>>
狩口台防災福祉コミュニティ、狩口台ふれあいのまちづくり協議会、神戸市立西舞子小学校、垂水区地域自立支援協議会、垂水区医師会、垂水区歯科医師会、垂水区薬剤師会、兵庫県看護協会、兵庫県立舞子高等学校、防災女子・シーガルレスキュー(神戸学院大学)、国土交通省近畿地方整備局六甲砂防事務所、垂水警察署、兵庫県警察本部警備部機動隊、垂水消防署、垂水消防団、垂水建設事務所、水道局垂水センター、環境局、江崎グリコ株式会社、コベルコビジネスサポート株式会社、サン神戸ウォーターサプライ株式会社、サンスター株式会社、株式会社ノマディクス、株式会社武蔵富装、DICプラスチック株式会社、杉田エース株式会社、垂水区役所ほか

<<訓練レポート1>>
○土嚢(どのう)作り訓練
donou.jpg


土嚢作りは初めての体験でした。袋いっぱいに詰めると重くて持てません。
考えたらわかるのかもしれないけど、やってみないと実感できないです。
(土嚢作りは、垂水警察さんがご担当でした!)
〇AED訓練
DSC_3074s.JPG
〇防災紙芝居
DSC_3076s.JPG
皆さん、熱心に聞かれていましたよ。
〇災害時トイレ
DSC_3077s.JPGDSC_3078s.JPG
このトイレはよくできていて素晴らしかったなあ。。
〇高性能救助車の展示
DSC_3079s.JPG
日本の道路にはデカすぎではないでしょうか。。。
(運転席には山田区長に座っていただきました!)
〇ゆれるん(起震車)訓練
DSC_3082s.JPG
消防車の奥に置いてあるのが「ゆれるん」です。震度7の模擬体験とかができたと思います。
○煙体験
DSC_3083s.JPG
オレンジの囲いの中で煙が発生します。
〇給水訓練
DSC_3086s.JPGDSC_3088s.JPG
災害時の給水用に、背中に背負うタイプの給水バッグが開発されています。
○負傷者搬送訓練
これは、写真を撮っていませんが、実際に、大人の人を毛布で吊って運ぶんですが、かなり小柄な方にモデルをしていただきましたが、そこそこ重いと感じました。
〇六甲山の砂防ダムの実験
MOV_3089_Moment1s.jpg
砂防ダムが”ある”時と”ない”時の、下流域の住宅などに対する影響の違いをわかりやすく模型を使って説明。ダムに土砂が溜まっていっても、以降に再び土砂が流れる際は、スロープがゆるやかになっていて、急な土石流を防ぐ効果があるとのこと。
○“防災女子”による蒸しパン
DSC_3093s.JPG
ホットケーキミックス(と思います)を溶いて耐熱の袋に入れてゆでて作ります。結構おいしかったです。

垂水小学校ふれあいごみスクール

今日、垂水小学校で開催された神戸市環境局による環境学習の授業、「ふれあいごみスクール」を平木先生と一緒に視察してきました。
対象は、小学4年生3クラス全員で、室内での座学による授業と、運動場に出ての実習授業併せて45分です。

%E3%81%B5%E3%82%8C%E3%81%82%E3%81%84%E3%82%B4%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%EF%BC%83%EF%BC%91%EF%BD%93.jpg
垂水事業所の所長から、授業開始のごあいさつ。
%E3%81%B5%E3%82%8C%E3%81%82%E3%81%84%E3%82%B4%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%EF%BC%83%EF%BC%92%EF%BD%93.jpg
環境局職員のお二人から、クリーンステーションの話、ごみの分別方法などについて、わかりやすく説明されていました。生徒の皆さん、興味を持って熱心に聞いてます。
%E3%81%B5%E3%82%8C%E3%81%82%E3%81%84%E3%82%B4%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%EF%BC%83%EF%BC%93%EF%BD%93.jpg
室内での説明が終わってから、全員で外に出ます。実際のパッカー車を用いて、パッカー車の仕組みなど、実技をしながら説明があります。
%E3%81%B5%E3%82%8C%E3%81%82%E3%81%84%E3%82%B4%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%EF%BC%83%EF%BC%94%EF%BD%93.jpg
油の捨て方について、牛乳パックなどの中に新聞紙を入れて油をしみこませてから捨ててください、と室内で説明がありました。油や生ごみの水分など、液体が残っているとこんな風になりますよ、というのをわかりやすくするために、水を入れたペットボトルで実験します。キャー!!と驚きの声が上がります。
%E3%81%B5%E3%82%8C%E3%81%82%E3%81%84%E3%82%B4%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%EF%BC%83%EF%BC%95%EF%BD%93.jpg
最後に、全員で
「混ぜればごみ、分ければ資源」
という合言葉を唱和して、ふれあいごみスクールは無事終了しました。
%E3%81%B5%E3%82%8C%E3%81%82%E3%81%84%E3%82%B4%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%EF%BC%83%EF%BC%96%EF%BD%93.jpg
垂水事業所長、平木先生と。
講師の職員さんは、トークがお上手で、楽しめるように様々なところに工夫が見られ、子どもたちは楽しんで学習しているのがよくわかりました。大人も受けたい授業だと思います。


獅子が池

 先日、ハンブルク市から市のホルヒ大臣と共にハンブルクの桜の女王アルマゴー・アンナさんが市役所を訪問されました。ハンブルク市と神戸市が環境分野で連携していこうという調印式のための訪問でしたが、アルマゴーさんは市役所訪問のほか、しあわせの村と、長田区の獅子が池で行われた、桜の植樹式にもご出席されています。
 アルマゴーさんが市役所を去られたあと、桜の女王の話題になりました。
「ハンブルクの桜の女王が獅子が池にも行くらしい!!」「獅子が池、どうやって行くのかな。」「山道を歩かないといけないはず」「え?そおなの?ドレス着てたよ。」
というように。。獅子が池については、以前から、議会でも質疑があり、
「不法投棄のひどかった山林、池の周囲を地域住民の力で清掃し、桜を植えて美しくした」というトピックスを聞いていました。
。。(かつては市民の身近な憩いの場だった池や林が心無い人たちによってゴミ捨て場にされてしまった。。昔の美しさを知る地域の住民が立ち上がり、周りに声をかけて、住民たちの力できれいによみがえらせた。。住民はそこに桜を植えて地域のシンボルにしようとした。。そこに、遠くドイツから、桜の女王が訪れる。。)
と、これだけストーリー性のある地域、これは見ておかなければ、と、早速、視察をしてきました。
%E7%8D%85%E5%AD%90%ピックE3%81%8C%E6%B1%A0%EF%BC%83%EF%BC%91%EF%BD%93.jpg
1)獅子が池に降りる階段です。
%E7%8D%85%E5%AD%90%E3%81%8C%E6%B1%A0%EF%BC%83%EF%BC%92%EF%BD%93.jpg
2)コノハミツバツツジが出迎えてくれました


%E7%8D%85%E5%AD%90%E3%81%8C%E6%B1%A0%EF%BC%83%EF%BC%93%EF%BD%93.jpg
3)リゾート地の遊歩道そのものでした!!
%E7%8D%85%E5%AD%90%E3%81%8C%E6%B1%A0%EF%BC%834%EF%BD%93.jpg
4)案内パネル
%E7%8D%85%E5%AD%90%E3%81%8C%E6%B1%A0%EF%BC%835%EF%BD%93.jpg
%E7%8D%85%E5%AD%90%E3%81%8C%E6%B1%A0%EF%BC%836%EF%BD%93.jpg
5)長田区の小学校等と連携して、植樹する苗を育てています。
%E7%8D%85%E5%AD%90%E3%81%8C%E6%B1%A0%EF%BC%837%EF%BD%93.jpg
6)日本とドイツの桜の女王さまたちが植樹された桜の樹
%E7%8D%85%E5%AD%90%E3%81%8C%E6%B1%A0%EF%BC%838%EF%BD%93.jpg
%E7%8D%85%E5%AD%90%E3%81%8C%E6%B1%A0%EF%BC%839%EF%BD%93.jpg
%E7%8D%85%E5%AD%90%E3%81%8C%E6%B1%A0%EF%BC%8310%EF%BD%93.jpg
7)池の周囲を歩きました。ツツジは満開です!!
%E7%8D%85%E5%AD%90%E3%81%8C%E6%B1%A0%EF%BC%8312%EF%BD%93.jpg
%E7%8D%85%E5%AD%90%E3%81%8C%E6%B1%A0%EF%BC%8313%EF%BD%93.jpg

8)少し階段を昇ると市街地の景色が展望できます。
%E7%8D%85%E5%AD%90%E3%81%8C%E6%B1%A0%EF%BC%8311%EF%BD%93.jpg

9)残念ながら不法投棄された車両は数台除去できていません。
%E7%8D%85%E5%AD%90%E3%81%8C%E6%B1%A0%EF%BC%8314%EF%BD%93.jpg
%E7%8D%85%E5%AD%90%E3%81%8C%E6%B1%A0%EF%BC%8315%EF%BD%93.jpg
10)トイレも整備されました。

以上、報告です。植樹式の当日は、雨が降っていて、アルマゴーさんはドレスをやめて普通のワンピースで来られたそうです。(ホッとしました。)

神戸市文書館

神戸市文書館を会派の人見議員、人見議員のインターン生と一緒に見学してきました。実は神戸文学館に続く第2弾の見学会でしたが、今回は事前にお願いしていましたので、館長から、展示していた企画展のご紹介や館内のご案内もしていただき、神戸市にとって、大変、意義深い施設であることを再認識いたしました。
神戸市文書館パンフレット表
神戸市文書館パンフレット裏
パンフレット、縮小して少しみにくいかもしれませんが、建物の由来が書かれています。元々、この建物は、昭和13年に私立池長美術館として池長孟氏によって建築されたものです。戦争を経て、昭和26年に神戸市に委譲されてから、神戸市の美術館として存続していましたが、私財をつぎ込んで蒐集されてきた池長孟氏の南蛮美術のコレクションは、昭和57年に神戸市立博物館に移されました。その後、1989年に神戸市文書館として開館しています。
神戸文書館は、存在はもちろん知っていましたが、ゆっくり見学することができておりませんでした。是非行きたいと思うことになったきっかけは、次のチラシの通り、「神戸と難民たち」という特別展示を行っていたからです。
 リトアニア領事官の外交官杉原千畝(ちうね)氏がたくさんのユダヤ難民を助けたことは知られるようになってきましたが、助けられたユダヤの人々が、その後、神戸に滞在したことは、あまり知られておりません。この史実について調査をしてわかったこと、また、映画「海難1890」でも描かれた和歌山沖でのトルコの戦艦エルトゥールル号の遭難事件の際、神戸に来て養生してから帰国したこと、大正時代、ロシア革命から子どもたちを救った「陽明丸」と勝田銀次郎(後に神戸市長)の3つのストーリーについての資料が展示されていました。
 特別展示の期間は2週間であったため、時間が合わずに残念ながら見学することができませんでしたが、ずっと、文書館に行きたいと思っておりました。今回、念願かなって、館内の説明も受け、3つの物語に改めて興味を持つと共に、建築家、小川安一郎氏により設計され、昭和13年に完成の池長美術館の、建物としてのデザインに心を惹かれました。
神戸には、まだまだ物語が眠っていることを実感して文書館を後にしました。
神戸と難民たちチラシ
DSC_2427s.jpg
文書館の正面その1。三宮から2系統のバスに乗って、熊内5丁目で降りると目の前です。
DSC_2428s.jpg
文書館の正面その2。
DSC_2423ms.jpg
アールデコの様式の鹿の装飾。

水素による熱電供給システム実証プラント内覧会

2017年12月10日、ポートアイランドの旧港島クリーンセンター跡地に、水素による発電と熱供給の実証実験事業のプラントが設置され、実験開始の起工式及び内覧会に出席しました。「水素CGS活用スマートコミュニティ技術開発事業」と呼ばれる事業で、NEDO(国立研究開発法人新エネルギー産業技術総合開発機構)から助成を受け、?大林組と川崎重工業(株)が実施主体として技術開発や実証実験を行うものです。
DSC_2120mss.jpg
<久元市長も出席し、テープカット>

 ガスタービンの燃料に水素を用いる技術的な開発は既に川崎重工業(株)にて行われてきています。このプラントの事業では、
(1)水素・天然ガス混焼ガスタービンの燃焼安定性検証
(2)双方向蒸気融通技術確立
(3)統合型EMSの経済的運用モデル確立の研究開発
を実施することが計画されています。
DSC_2128s.jpg
<水素焚きガスタービン発電装置と書かれています>
DSC_2129s.jpg
<白いタンクが水素を供給する液化水素のタンクです。>

水素ガスと天然ガスを混焼して、タービンを回し、発電機で発電し、電気は関西電力に送電します。タービンの熱を排熱ボイラーで回収し、蒸気としてポートアイランドスポーツセンターと中央市民病院で利用できるよう計画されています。神戸国際展示場、下水処理場も併せて4か所への電気の供給も行い、これらの電力消費や熱消費をクラウドシステムで監視を行い、最適な運転を行うことができるよう統合型EMSによって運転が制御されます。
これらを安定的に運用することや、水素ガス天然ガスの割合をどのようにすれば最も効率的か、また、蒸気については、病院のボイラーからも供給を受けて、双方向での上記の融通を行うシステムの確認なども行われるようです。
下記に概要図をスキャンしましたので、皆さん、図を見てくださいね。
パンフレットの概要図

DSC_2132s.jpg
<燃料電池仕様のバスの試乗会もありました>

DSC_2130s.jpg
<展示ハウスが附設されており、全体の模型が設置されていました>
 水素に関連しては、NEDOが助成を行っているもうひとつの事業、「未利用褐炭由来水素大規模会場輸送サプライチェーン構築事業」があります。こちらは、神戸空港の北東に、水素運搬船の岸壁を整備し、水素の運搬や陸揚げ(というのかな?)の設備の実証実験を行う者です。H28年のひろこだよりVOL.28ウラ面をご参照ください。

神戸マイスター・神戸アグリマイスター認定式

9月10日(日)、デュオドームにおいて、第10回神戸マイスターフェスティバルが開催され、新しく認定された神戸マイスター、神戸アグリマイスターの方々の表彰式があり、副議長として出席いたしました。
ここで、神戸マイスターとは。。。
*****神戸市HPより抜粋*** 
「神戸マイスター制度」とは、優れたものづくりの技術・技能の継承を図ることを目的とした、神戸市内だけでなく全国的にも通用するハイレベルの技術・技能を持つ方を「神戸マイスター」として認定する制度です。(中略)
また、平成18年度からは、卓越した農業技術を有する方を認定する「神戸アグリマイスター制度」も開始。次世代の農業を担う人材の育成や確保に尽力していただいています。
*****
20170910-01s.jpg

私は、市会を代表して祝辞を送らせていただくという光栄な役割をいただきました。

20170910-03s.jpg

第10回神戸マイスターの皆さんをご紹介します。
写真、私と久元市長の間に5名の方が、神戸マイスター・神戸アグリマイスターの皆さんです。
私のお隣から神戸マイスター
○相澤 吉範さん・・・表具 花隈で「相澤楽山堂」をご経営。古書画の掛軸、額、屏風などの修復、再表装がお得意。煮出したアク汁など様々なものを使用し時代染めをする技術にも優れているそうです。

○柏木 直樹さん・・・日本料理 有馬温泉「旅籠」にお勤めです。生きたウナギを5秒でさばけるそうです!!小学生対象の講習会や専門学校などでも教えていらっしゃいます。

○橋本 和也さん・・・スペシャルティコーヒー 北野工房「カフェ ラヴニール」ご経営。今年初めての分野スペシャルティコーヒーでのマイスター。専門学校や短大などでも教えていらっしゃいます。

神戸アグリマイスター
○西 昭彦・・・農業 但馬牛の雌牛に限定した良質で美味しい神戸ビーフの生産に取り組んでいらっしゃいます。皆さん、数か月前の渡辺徹さんが神戸を案内した「遠くへいきたい」観てませんか?最後に訪れたのが西さんの牧場でした(^o^)/

○三浦 博美さん・・・農業 西区の議員さんからお花の栽培の技術がすごいと聞きました。外部雇用という新しい経営スタイルを取り入れられています。栽培技術・販売促進等の指導を行って、後進育成を積極的に行われています。

神戸マイスター、神戸アグリマイスターに新しく認定されて皆さん、おめでとうございます。神戸にとってものづくりの人材育成は欠かせません。今後のご活躍をお祈りいたします。

会場の様子から~
DSC_1488s.jpg

DSC_1487s.jpg

DSC_1484s.jpg

中学校給食の工場「万福」視察

 中学校給食は、デリバリー方式が採用され、H26年11月から一部の学校で先行実施されましたが、一部の業者で異物混入問題などが発生し、一時ストップとなっていました。全校実施にあたり、安全・衛生面に関する徹底した再検討や事業者の再公募を行い、H29年2月中旬より、市内の中学校において、中学校給食が全面的に実施されています。
 中学校給食の仕組み
%E4%B8%AD%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E7%B5%A6%E9%A3%9F%EF%BC%832s.jpg
%E4%B8%AD%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E7%B5%A6%E9%A3%9F%EF%BC%83%EF%BC%91s.jpg
事業者は、
 東灘区・西区・・・(株)コープフーズ
 北区北部・・・サンケータリング(株)
 垂水区・・・(株)グルメサービス
 上記以外の区と地域・・・(株)万福

となっています。

(株)万福さんは、元々、大阪で工場給食や中学校給食の事業を展開されていますが、今回の中学校給食の事業を行うにあたって、東灘区に工場を新設されました。工場は、最新の安全衛生の厳格な規定での製造工程が取り入れられていることもあり、文教こども委員会で、視察に行ってきました。
%E4%B8%87%E7%A6%8F%EF%BC%83%EF%BC%91s.jpg
%E4%B8%87%E7%A6%8F%EF%BC%83%EF%BC%94s.jpg

大阪ではH20年から中学校給食を提供してきた実績もあり、安全衛生面には、細心の注意が払われていることがよくわかりました。
%E4%B8%87%E7%A6%8F%EF%BC%83%EF%BC%95s.jpg
%E4%B8%87%E7%A6%8F%EF%BC%83%EF%BC%96s.jpg
%E4%B8%87%E7%A6%8F%EF%BC%83%EF%BC%97s.jpg

 特徴的な数点をご紹介します。まずは、HACCP(ハサップ)高度化に準じた製造工程で作られているという点です。ハサップの説明を厚生労働省のページから抜粋したものを下記に示します。例えば、ハンバーグを焼く時に、食中毒や感染症のリスクを分析して、中心の温度が何度でどれだけの時間であれば安全か、というように工程を管理し、そのログを残していくような方法です。
 (これは、教育委員会からの補足説明ですが、(株)万福でのHACCPの認定は、一般社団法人日本弁当サービス協会で認定されているということです。)

 次に、異物混入を防ぐために、配送のトラックがバックで搬入口に入り、外部と遮断された状態で物品の出し入れができる「ドックシェルター」方式や、中の気圧を外気圧より少し高めに設定される「陽圧システム」、金属探知機、人間に対してのエアシャワーなどなど、様々な取り組みが行われていました。
 それから、聞きなれない名前ですが、「ハセップメイカー」と呼ばれる、次亜塩素酸ソーダの消毒水のシステムの水が野菜の洗浄などに用いられていました。(「ハセップ」は、先ほど、登場したHACCPをハサップと記載していますが、メーカーの名前が「ハセップ」となっているだけで、スペルは同じです。)
 殺菌のためには、一般的に次亜塩素酸ソーダが使われますが、ハセップメイカーの水は、これに、炭酸ガスを添加してPH(ペーハー)を5.5~6.5の弱酸性にしたものです。次亜塩素酸ソーダの水溶液そのものは、アルカリ性で、次亜塩素酸イオンが多いですが、弱酸性に保つことで、イオンが少なくなり次亜塩素酸そのものの比率が増えます。次亜塩素酸イオンに比べて、次亜塩素酸の殺菌力は数十倍となり、弱酸性に保たれることで殺菌力が増します。これより酸性が強くなると塩素ガスを発生して危険ですが、炭酸ガスは、PHを弱酸性に保つのに好都合らしいです。

さて、次に、実際の従業員の皆さんが毎日されている、手洗いから調理服を着る所まで行い、中の設備を見せていただきました。写真を取ってもいいですよ、と言われましたが、こんなに厳格な工場で何かミスしたら大変だ、という思いで写真は撮れませんでした。事務局で撮ってもらったものを送ってもらった1枚を添付します。

%E2%97%8FDSCN0868s.jpg

手洗いのルーチンを掲載します。場所を離れるたびにこのルーチンをしないといけないんです。
%E4%B8%87%E7%A6%8F%EF%BC%83%EF%BC%93s.jpg
それから、特徴として、1階は、全部工場ですが、2階には企業内保育所が設置されていました。保育所が併設されているのは、非常に助かると思います。

そういえば、思い出しました。食品メーカーにパート勤務している後輩が、「もう、一日中、お掃除していますよ!!お菓子作っているのかお掃除に行ってるのかわからないくらいですよお~!!」と言ってたなあと。。。後輩の行っている会社は、早くからそうした衛生管理の体制になっていたんでしょうね。
HACCPも、日本で支援法ができたのは、臨時措置法としてH10年。その後、H15年、H20年と5年ごとに延期され、大企業には浸透してきたけれども中小企業になかなか進まないということで、H25年に高度化支援整備を支援対象として期限10年に延期されています。

色々と考えさせられた視察でした。中学校給食は、すごい衛生基準で作られていることだけはよくわかりました。

HACCP(ハサップ)について~厚生労働省のページより抜粋~
Hazard Analysis and Critical Control Point
「HACCP とは、食品の製造・加工工程のあらゆる段階で発生するおそれのある微生物汚染等の 危害をあらかじめ分析( Hazard Analysis ) し、その結果に基づいて、製造工程のどの段階でどのような対策を講じればより安全な製品を得ることができるかという 重要管理点( Critical Control Point ) を定め、これを連続的に監視することにより製品の安全を確保する衛生 管理の手法です。
この手法は 国連の国連食糧農業機関( FAO )と世界保健機関( WHO )の合同機関である食品規格 (コーデックス) 委員会から発表され,各国にその採用を推奨している国際的に認められたものです。」

神戸医療イノベーションセンター

ポートライナーの「京コンピュータ前」駅のすぐ北側に、「神戸医療イノベーションセンター」が3月30日オープンしました。
%E7%A5%9E%E6%88%B8%E5%8C%BB%E7%99%82%E3%82%A4%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%EF%BC%83%EF%BC%91%EF%BD%93.jpg
どうぶつ王国に行かれる際や、空港利用時に駅を通過する際に、この建物を目にすることかあると思います。デザイン都市に相応しい外観になっています。

%E7%A5%9E%E6%88%B8%E5%8C%BB%E7%99%82%E3%82%A4%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%EF%BC%83%EF%BC%93%EF%BD%93.jpg

神戸医療イノベーションセンターは、久元市長から紹介がありましたが、医療産業都市において、最先端の研究機関、病院クラスター、医療関連の企業330社以上と、集積が進んでいる中で、ウェットラボ(装置や薬品を使って実験等ができる実験・研究室)に対するニーズの高まりに対して設立されたものです。部屋は、借主の企業が、自身の仕様でクリーンルームなどを整備できるよう、ウェットラボ用のスケルトン仕様になっています。今後、レンタルラボ(貸し実験室・研究室)として、神戸市の外郭団体OMこうべによって管理・運営が行われます。

施設の配置図を見る

%E7%A5%9E%E6%88%B8%E5%8C%BB%E7%99%82%E3%82%A4%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%EF%BC%83%EF%BC%96%EF%BD%93.jpg

%E7%A5%9E%E6%88%B8%E5%8C%BB%E7%99%82%E3%82%A4%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%EF%BC%83%EF%BC%94%EF%BD%93.jpg
%E7%A5%9E%E6%88%B8%E5%8C%BB%E7%99%82%E3%82%A4%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%EF%BC%83%EF%BC%95%EF%BD%93.jpg
%E7%A5%9E%E6%88%B8%E5%8C%BB%E7%99%82%E3%82%A4%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%EF%BC%83%EF%BC%92%EF%BD%93.jpg

式典では、久元市長のほか、OMこうべの山本社長、経済産業省近畿経済局、池田神戸市会議長のご挨拶があり、テープカットには、京コンピュータの計算科学研究機構の平尾先生もご参加されました。2Fには、ポスト「京」の開発研究を行う拠点も設けられています。

開所式典が行われたあと、中の施設の見学会がありました。
天井は、クリーンルーム用の機器等の設置が容易にできる仕様になっています。
%E7%A5%9E%E6%88%B8%E5%8C%BB%E7%99%82%E3%82%A4%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%EF%BC%83%EF%BC%97%EF%BD%93.jpg

床は廊下より30cm低いままにしてあり、配管・配線を設置後に床を張ることになります。
%E7%A5%9E%E6%88%B8%E5%8C%BB%E7%99%82%E3%82%A4%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%EF%BC%83%EF%BC%98%EF%BD%93.jpg
早速、日立製作所が、このセンターに入居し、研究開発を行うというニュースが流れました。
詳しくは、日立製作所のプレスリリースを参照ください。

プレスリリースを見る


「神戸みなと時空」展

KIITO%2320s.jpg
KIITO(フラワーロードを南下して、2号線を渡ったところの建物)デザイン・クリエイティブセンター神戸において、1月25日から「神戸みなと時空」展が始まりました。12月28日まで開催されます。

KIITO%2319s.jpg
パンフレットに書かれている久元市長のご挨拶を拝借すると、
「この企画展では、神戸ゆかりの文化や文学、産業などに着目し、神戸港が市民のくらしにどのような影響をもたらしたのか、また、わが国歴史の中でどのような役割を果たしたのかを振り返ることができる貴重な資料を展示しています。」
とあります。
 
 具体的には、下記の3つの展示スペースで構成されています。
1 TOY&DOLL COLLECTION (日本玩具博物館とのコラボレーション)
2 陳舜臣と神戸ミステリー館 (神戸ものがたり)
3 鈴木商店記念館(日本一の総合商社へ)

まず、最初に
1 TOY&DOLL COLLECTION (日本玩具博物館とのコラボレーション)
 日本玩具博物館のコレクションから、日本の郷土玩具、神戸人形、世界の船の玩具のほか、企画展として、ちりめん細工のコレクションが展示されていました。

KIITO%231s.jpg
KIITO%232s.jpg
KIITO%233s.jpg

神戸人形も多数展示されており、新作の展示は、動かすこともできました。

KIITO%236s.jpg
KIITO%237s.jpg
KIITO%235s.jpg

ちりめん細工のコレクションには、昔の型紙なども展示されていて、手芸好きの私としてはとても興味深かったです。

KIITO%238s.jpg
KIITO%239s.jpg
KIITO%2323s.jpg

続いて、2 陳舜臣と神戸ミステリー館 (神戸ものがたり)
 かつて陳舜臣先生の「枯草の根」や「青玉獅子香炉」などのミステリーを読んで、日常の生活の中に外国の文化が隣り合っているのを感じ、大変興味を引かれながら読んだものでした。今回、展示を拝見して、また、もう一度読んでみたいと思いました。著作の数々や、ご経歴、また、ペルシャ語の翻訳本なども拝見し、陳舜臣先生の幅の広さ、また、歴史書を書かれる奥の深さが再認識できると思います。

KIITO%2314s.jpg
KIITO%2311s.jpg
KIITO%2313s.jpg

KIITO%2322s.jpg

3番目の展示は、玉岡かおる先生の小説「お家さん」の主人公、鈴木よねさんで再認識されることになった鈴木商店に関連する展示です。 3 鈴木商店記念館(日本一の総合商社へ)
 以前、予算市会で「お家さん」にまつわる物語を観光に活かしては?と質問したことがあります。神戸の中には、建物など鈴木商店に関連するものがほとんど残っていないので、難しい面があるということでした。鈴木商店そのものはなくなってしまっていますが、唯一鈴木の名前を冠した鈴木薄荷(株)の他、多数の優良企業に流れが汲まれ、礎となっています。

KIITO%2315s.jpg
KIITO%2316s.jpg
KIITO%2317s.jpg

最後に、KIITOカフェで休憩しました。おしゃれです。
KIITO%2318s.jpg
KIITO%2321s.jpg

震災から22年

阪神淡路大震災から22年が経過しました。東遊園地には、たくさんの人々が訪れています。私も、献灯に行ってきました。
献灯の竹筒を見ると、神河町や、新温泉町の老人クラブなど、兵庫県のいろいろな地域の名前を見ます。離れた地域の皆さんが、この日のために準備してくれたんだなあと、何か、ほっとするものがありました。
当時、六甲道に住んでいました。私のマンションは無事(部屋はぐちゃぐちゃ。。)でしたが震度は7の地区。周囲の建物は、倒壊し、たくさんの方が亡くなられています。(徐々に知っていった感じです)電気も1週間止まったので、情報を取ることもできませんでした。それまでほとんど会話をしたことのなかったお隣のおじちゃんと一緒に公園でおにぎり1個をもらうために並んだ記憶がいつも真っ先に蘇ります。血だらけのジーパンをはいて足をけがしている女の人もやってきました。家から何も取りだせないということ。急いでジーパンなどを取りに戻りました。
おにぎり1個ずつを持っておじちゃんの家に帰りました。お隣のおうちには、主であるおじちゃんおばちゃんに、近くの実家から「お姉ちゃん、家、つぶれたわ。」とパジャマでやってきた弟さん、上の階のおばちゃん、反対側のお隣のおばちゃん(ご主人はいるのに来ていたなあ。。笑)、私と、6人で2、3日過ごしました。お隣が石油ストーブだったということもあったと思います。みんなでストーブの周りに座り、家にある食糧(私は出張明けのおみやげなどを持参しました)を持ち寄り、弟さんが避難所で聞いてきた情報と、ラジオの情報を頼って、余震の続く夜を過ごしました。自宅が半壊しているのに、割れためがねで当日の朝に見に来てくれた後輩もいました。
決死の運転で友達夫婦が真夜中に迎えにきてくれたので、その後、しばらく大阪の友達の家で過ごしました。神戸からそんなに離れていないのに、全く何事もなかったように、お店に品物が並び、普通の生活があることに驚きました。
寒い中、ご家族と自宅を同時に失われた方々、ご自身のお店や工場を失われた方々、これまで本当に大変な22年間だったことと思います。一昨日、17日の新聞に、「夢でも会いたい。」という記事が掲載されていましたが、読んで胸が熱くなりました。
改めてご冥福をお祈りいたします。

人は一人では生きていけません。助け合って生きる土壌を醸成したいという気持ちと、一人ひとりが周りに少しでも関心を持ってもらえるような社会にしていきたいという気持ちを再確認した22年目の17日でした。

117%232s.jpg

月別アーカイブ