« 2014年06月 | 活動報告トップへ | 2014年08月 »

監査委員の現地調査

本日、監査の初仕事となる、現地調査に行ってきました。(舞多聞の公園も行っています。)

◎名谷基地・・・
 ?クレーン更新・・・レールを吊り下げて、レール車に移動させるためのクレーンです。数十年使っていたものを更新しています。巻き上げの速度や荷重など、以前のものと物理的な性能は変わっていませんが、操作が無線方式になって、使う面での性能が向上しています。物理的に性能を上げる必要はないため、使用に際して同じ免許で使えるように、クレーンの荷重は以前と同等となっています。
 ちなみに、レールの更新はいいんですか?と聞きましたら、レールは大体直線部分で、のべ61億トンが更新のタイミングだそうですが、カーブしている部分は、荷重がかかるため、もっと短いタイミングとなり、大体カーブしている箇所は、更新が済んでいるとのこと。今後、直線部分の更新に入っていきます。
%E5%90%8D%E8%B0%B7%EF%BC%83%EF%BC%91%EF%BD%93.jpg

 ?車両の制御関連の装置更新・・・車両の速度調整のための制御装置を、直流から交流(VVVF制御)制御に、直流モーターを交流モーターに更新しています。VVVF制御によって、効率よく制御が可能となるため、電気代が年間330万円くらい節減できるそうです。また、直流モータでは、ブラシが摩耗するため、毎日、ボックスを開けて点検、交換したりする作業が必要ですが、毎日の点検が不要になります。
%E5%90%8D%E8%B0%B7%EF%BC%83%EF%BC%93%EF%BD%93.jpg

VVVFについて(Wikipediaより)・・
VVVFインバータ制御(ブイブイブイエフインバータせいぎょ)とは、交流電動機を、その特性に合わせて任意の速度、回転数で動作させるために、(静止)インバータにより任意の周波数と電圧を発生させる方式を一般に「インバータ方式」というが、鉄道関係ではそれを特に「VVVFインバータ方式」、あるいは「VVVF方式=可変電圧可変周波数制御方式」と呼んでいる。VVVFは可変電圧可変周波数を直訳した和製英語である。

ATO・・・Automatic Train Operation 自動列車運転装置
ATC・・・Automatic Train Control 自動列車制御装置
についても、更新が行われていました。
ATCは、尼崎の列車事故の際に、よく問題点として報道されていましたね。こういうものは、年数gは経過すると、部品などが調達できなくなるのですが、部品の交換レベルではなく、制御機能ごと新しく交換されていました。監査とは関係ありませんが、数年前に、地下鉄車両で、停止信号が車両から発砲されるという不具合が起きましたが?と質問したところ、今は、その際に不具合と特定された手動の停止信号の受信部の装置も、すべて交換が終了しているということでした。
%E5%90%8D%E8%B0%B7%EF%BC%83%EF%BC%92%EF%BD%93.jpg

%E5%90%8D%E8%B0%B7%EF%BC%833.5%EF%BD%93.jpg
%E5%90%8D%E8%B0%B7%EF%BC%834%EF%BD%93.jpg


◎井吹の丘小学校
 ?体育館・・・広くてきれいな体育館。天井は、今は、このように、安全性を考えて、天井板をつけないものが主流だそうです。
%E4%BA%95%E5%90%B9%EF%BC%83%EF%BC%91%EF%BD%93.jpg


 ?自然換気の塔・・・空気の流れで自然にルーフが開閉します。
%E4%BA%95%E5%90%B9%EF%BC%83%EF%BC%92%EF%BD%93.jpg

 ?電子黒板・・・たとえば、大きい地図をかけたり、問題を大きく表示したり、書き込んだりと、使い方は無限にありそうな感じでした。
%E4%BA%95%E5%90%B9%EF%BC%83%EF%BC%93%EF%BD%93.jpg

 ?井吹の丘小学校の正面です
%E4%BA%95%E5%90%B9%EF%BC%83%EF%BC%94%EF%BD%93.jpg

理研の維持拡充のための要請活動

 神戸市会では、6月議会が終了し、新しい議長、副議長ほか、常任委員会のメンバーなども更新され、新しくスタートしています。川原田弘子は、総務財政委員会の委員、未来都市創造に関する特別委員会の委員、そして、市の監査委員になりました。皆さん、よろしくお願いします。
 今回は、議会が終わって、早々に、文部科学省に、理研「発生・再生科学総合研究センター(CDB)」の維持拡充に関する要請文書を、市会4会派で提出し、要請を行いました。
 理研CDBに関しては、今、いろいろと取り上げられていますが、何といっても神戸医療産業都市の中核施設です。ガバナンスの強化と、共に、再生医療分野の実用化研究に関しては、今後も力を入れて維持向上願いたいという要請を文部科学省に対して行いました。実際の提出には、代表して、自民党会派にお願いしていますが、やはり、民主党としても、行うべきと考えて、会派の3役で、行ってきました。
 先日、市民の方から、医療産業都市について質問を受けましたので、ここに報告しておきます。


陳情の文書
 

月別アーカイブ