« 2003年07月 | 活動報告トップへ | 2003年09月 »

生田川右岸線工事

みなさまの声欄には掲載しておりませんが、「生田川のところで、工事が長いこと続いており、神戸の玄関でもあり、早く終わらせてほしい」という質問をいただいておりましたので第1次の回答をいたします。生田川右岸線の道路では、新神戸トンネルと港島トンネル間(市道)、2号線からHAT神戸及び新港東ふ頭間(都市計画道路)、新港東ふ頭と浜手幹線間(臨港道路)の3つの工事が施工されております。それぞれ、担当している行政の組織が違っているため、まとめた回答がなかなか出てこないのではと思っています。縦割りの組織となっているためある程度仕方ない面もありますが、、。また、地図と工事予定を入手次第回答いたしますので、しばらくお待ちください。

地下鉄料金について

みなさまの声欄で、地下鉄料金についてのご意見をいただいておりましたので、調査をいたしましたところ、意外に、初乗り料金は東京を除いて各都市均一の200円になっております。各都市の料金比較表は
各都市地下鉄料金比較表
に添付しておりますのでご参照ください。市営地下鉄(特に海岸線)については、他にも厳しいご意見をいただいておりますので、ただいま、さらに詳細な状況調査と当局側の説明を求めております。これは個人的な私見ですが、当時沿線に通っていた一市民としては、震災でボロボロになった地域に、神戸市が地下鉄工事を早い時期に再開すると聞いて、復興の励みにもなり、勇気付けられたことも忘れられません。海岸線は、確かに赤字の状況ですが、これからどうやって経営を立て直すか、利用客を増やす努力ができるか、市政を担当する一員として取り組んでいきたいと思います。


移情閣

15日、舞子の浜のお祭りに出向いた際、移情閣を訪れました。私は知らなかったのですが、移情閣は国の重要文化財に指定されたそうです。元々中国人実業家の別荘だったそうですが、孫文が訪神時、昼食会の会場になった由縁で、1984年に孫文記念館としてオープンすることになりました。その後、明石大橋の工事に伴い今の場所に移設されています。地元の私たちは意外と訪れていないのでは?舞子公園の駐車場料金も値下げされました(多分、1時間200円くらいになったかと。。。)から、週末ゆっくりされるのも良いかも。

 

フォーラム神戸(連合兵庫政策フォーラム)

8月6日、連合兵庫の政策フォーラムの神戸地区版に出席いたしました。大体、会社員でない方や、会社員でも組合がなかったり、また、連合の配下の組合員でも組合活動にあまり参加していない方、は、「連合っていったい何なん?」と素朴な疑問を持たれている方もたくさんいらっしゃると思います。連合は、瀧澤 中著「政治のニュースが面白いほどわかる本」によると、”民主党の最大支持団体=連合「日本労働組合総連合会」組合員800万人弱 連合=総評(社会党系組合)+同盟(民社党計組合)”とあります。組合の集合体ですから、政党とは少し違う。組合員の声を結集して、政策提案などを行っていきます。当然、政策提案を行う際には民主党とは手を組んでやっていきます。どういう組合があるかというと、市の教職員組合といった、公務員の組合から、私たちのような造船重機メーカーや、関西電力、NTT、等々たくさんの労働組合から構成されています。政策は、雇用対策や環境、福祉など多方面にわたります。今後、私自身も期待し、そしてみなさんに期待される活動にしていきたいですね。ちなみに、民主党は、前述の本によると、”簡単に言えば、自民党、社会党、民社党、公明党、日本新党、新党さきがけ、などの出身者が集まってできた政党だ.”とあります。フォーラムで、3区の衆議院議員、土肥隆一さんとお会いしました。年内解散の可能性が高くなってきておりますが、民主党の県連の代表でもあり、東京と神戸を忙しく往復されています。

 

リサイクル

本日、福祉環境委員会の視察で、「リサイクル工房あづま」を見学しました。葺合警察署横の、旧吾妻小学校校舎を利用して運営されています。市民の皆さんから持ち寄られた古本やベビー用品などを希望者に提供したり、啓蒙活動の一環として捨てられていた家具や自転車を修理・修復して市民の皆さんに安く提供するといったサービスを実施しています。リサイクル業が今やひとつのビジネスとして確かな地位を得ており、車に乗ればたくさんのリサイクル屋さんを目にするこのごろ、今ひとつ行政としての設立の目的が明確になっていないような感じが少ししました。先日、子供用の紙すきセットを購入して、いろいろと自分でも古紙のリサイクルを試みてみてうまくいかなかったので教えてもらえるかと期待して行ったのですが、廃油の石鹸の作り方も含め、教室の時でないと詳しい方がいないようでした。リサイクル品を売って利益を得ることが第一目的でもなく、ごみの削減でもないのであれば、もう少し基本的なことについては何を聞かれてもいいようなセンターであってほしいなと思います。紙すきセットは¥1000くらいで購入できます。材料として売られているパルプを使ったもの以外はあまりきれいにできなかったので、今度、もっといろいろと試してみようと思っています。紙すきをすると、これまでごみとしてしか見ていなかった古紙が、材料に見えてきます。今度、もう少し研究(?)してみて、またご紹介しますね。ただし、紙を混ぜるときにミキサーを使いますので、エネルギーゼロではできないですね。自分の力でシェイクしてもできなくはないようですが、あまりきれいにはできまいようですし、手首が痛くなるかも。「リサイクル工房あづま」で並んでいた物を写真で紹介しておきます。家具は¥2000?¥3000、自転車は¥1000くらいだそうですよ。ただし、抽選となって家具が9倍、自転車は19倍くらいの倍率を勝ち抜かなければならないようですが。

  

月別アーカイブ